屋外環境

広い園庭・快適な生活空間・わくわく大型遊具

安心して遊べる社会環境が後退している今日、体力の低下、怪我の増加が顕著に表れてきたことを受け、子どもの身体づくりと共に「ほっこり」「わくわく」「じっくり」「わいわい」という教育・保育の4 つの窓を軸とする環境作りを行い、子どもたちが主体的に共振・共鳴・共創できる遊びの環境を充実させてきました。

屋外で遊ぶ子どもたち

屋外で遊ぶ子どもたち

屋外で遊ぶ子どもたち

屋外で遊ぶ子どもたち

当園では、大人が安全な環境を提供するのではなく、危険を回避できる能力を育てることを目標に揚げ、あえて遊びの中にハードルを課すことで、子ども自身の運動能力を引き出すことに取り組んでいます。室内外の遊具もその理念に基づき取り入れています。

わくわく大型遊具

助け船をだすのではなく、年上の子どもたちが遊ぶ姿に憧れ、「いつか自分も」と思いチャレンジする姿を見守ることを大切にしています。

広い園庭

大きな木の下で

 4000㎡の園庭は、砂・土・草むら・樹木など、自然に恵まれています。
そこでは子ども達が五感を働かせ、思いっきり身体を動かして遊べる広い空間が保障されています。
光がいっぱい差し込む中庭では小さいお子様でも安心して遊ぶ事ができます。

「いつか自分も」と思いチャレンジする姿を見守ることを大切に

PAGE TOP